子ども・子育て市民委員会

安心して子どもを生み育てられる社会の実現には

あなたの力が必要です

family

100名の会場が満席!オンライン参加190名超!

<ご参加いただきありがとうございました!>

子ども・子育て市民委員会発足シンポジウム

安心して子どもを生み育てられる社会をみんなでつくっていくため、世代を超え、立場を超えて意見交換を行います!

 <第1グループ>

進行役:堀田力(弁護士・さわやか福祉財団会長)

パネリスト:子ども代表

テーマ:どの子もいきいきと育つにはここを考えてほしい

 

<第2グループ>

進行役:松田妙子(せたがや子育てネット代表理事)

パネリスト:子育て世代&支援者代表

テーマ:誰もが安心して子どもを生み育てるために必要な仕組み

 

<第3グループ>

進行役:板東久美子(元消費者庁長官)

パネリスト:労働界・経済界代表

テーマ:労働界・経済界が子育てに果たす役割

 

<第4グループ>

進行役:鎌田實(医師・作家)

パネリスト:国会議員・自治体首長ら政治家代表

テーマ:子育て政策・財源についての考え、自治体における子育ての最も重要な取り組み

日時:2022年11月12日(土)10:00~12:30(開場9:30)

参加費:無料(託児あり、託児を希望される方は要事前申込)

参加方法:会場参加またはオンライン参加

※オンライン参加の方には、当日の視聴URLをご登録いただいたメールアドレス宛に開催日が近くなりましたら送信いたします。

会場:MY PLAZAホール(東京都千代田区丸の内2-1-1明治安田生命ビル 低層棟 4階)

申込締切:2022年11月7日(月)※参加申込受付は終了しました

<アンケート調査は終了しました>

安心して子どもを生み育てられる社会へのアンケート調査


<市民委員会の設置趣旨>

1.2021年の出生数は約81万人。わが国の少子化は、想定を超えたスピードで進んでいます。

親が子育ての第一義的責任を負うことは当然です。しかし、家族や雇用の環境が大きく変貌している中で、支援策が届かず、周囲の支えが得られず、子育てをめぐる負担が親、特に母親に集中している実態があります。このため、若い世代のかなりの人たちが、出産・育児から生じる負担を重く感じて、子どもを生み育てることに不安を感じ、諦めているのです。

 

2.先進諸国と同様に、親の収入や就業状況に関係なく、すべての子どもが健やかに育つように、社会全体

で支援する仕組みができてはじめて、子どもを安心して生み育てられる環境ができるのです。

ところが、現状の子育て政策はどうか。いまだに子育て関連制度の間の連結が図られていないため、非正規雇用者をはじめ支援を受けられないケースが多く存在していること、提供されている支援サービスの量や内容に地域によって大きな格差があること、出産・育児や仕事で忙しい子育て世代にとって、非常にアクセスしづらく、使い勝手が悪いことなど、数多くの問題点が見られます。

 

3.このような問題意識に基づき、このたび、「安心して子どもを生み育てられる社会」の実現に向けて力を

尽くすべく、8月25日に市民主体の「子ども・子育て市民委員会」を立ち上げました。

目標は、2000年にスタートした介護保険制度に勝るとも劣らない重要なインフラとして、国が子育て制

度を抜本的に改革し、すべての子どもの出産・育児を対象に切れ目のない総合的な子育て支援給付を保障する、新たな制度を創設することです。 

子どもや子育てに関わる問題は、日本の未来に大きく関わる最も重要なテーマです。今、わたしたちはこれから生まれてくる世代のためにも、日本を安心して子どもを生み育てられる社会に進展させることができるかどうかの瀬戸際に立っています。これはまさに「未来への投資」なのです。

 

<アンケート調査と市民委員会への賛同者登録のお願い>

そこで、このたび、今後の市民委員会の活動に際して重要な参考とさせていただくため、アンケート調査を実施することとしました。お忙しい中、誠に恐縮ですが、「アンケート調査項目」にお答えいただきたく、お願い申し上げます。

あわせて、わたしたちと問題意識を共有し、市民委員会の活動にご賛同いただける方には、子ども・子育て市民委員会賛同者登録を11月7日(月)迄に願います。

なにとぞ市民委員会の趣旨をお汲み取りいただき、格別のご協力のほどをお願い申し上げます。


「日本は子どもを生み育てやすい国だと思うか?」

残念ながら日本でそう感じているのは僅か4.4%

 

子どもや子育てに関わる問題は、日本の未来に大きく関わる重要なテーマであり、

すべての子どもが健やかに育つよう社会全体で支援する仕組みの実現に向けて、

市民自らが声を上げ、活動していくため、

「子ども・子育て市民委員会」を立ち上げました

  

みなさん方のご意見をうかがい、みんなで子どもや育てる人の気持ちに添った

子育ての総合支援システム実現していきたいと願っています

ぜひ、賛同・ご寄付をお願いします

賛同・ご寄付


寄付による賛同をお願いします

アンケートへのご協力等による賛同もお願いします

こちらからお申込みいただけます

子ども・子育て市民委員会立ち上げ会見


8月25日(木)厚生労働省会見室(厚生労働記者会)にて立ち上げ会見を行いました

共同代表


堀田 力(弁護士・さわやか福祉財団会長)

鎌田 實   ( 医師・作家 )

板東 久美子 (元消費者庁長官)

田辺 一城  (福岡県古賀市長)

ぜひ!ご賛同者としてご支援ください!


こちらからお寄せください

緊急アピール


今般、政府が「総合経済対策」で発表した「子ども・子育て世代への支援策」を評価し、政府は、これを第一歩として、今後、抜本策に取り組むべきとして緊急アピールを公開しました!

緊急アピール
ダウンロード
緊急アピール.pdf
PDFファイル 550.4 KB